2005年08月13日

我案ずるはその行く末。

今日は張り切って2連発と行かせて頂きます。
この話題は後回しにするべきでは無いと思いますので…

少し長くなると思いますので追記に回します。

九姉妹さんのところを見てはじめて知りましたが、ドレスタなどで起こっていた一連の騒動に対するテラネッツの対応に対して批判などが起こっているようです。
秋咲はジャパン以外に稼動PCを持っていないのでこの騒ぎについては蚊帳の外ですが、やはりテラネッツがしっかりした対応を取っていればここまで広がることはなかったんじゃないかと思います。

それともう一つ、上記の騒ぎに申し合わせたかのように公開された【WT6「Beast's Night Online」】のサイト公開。
正直これはどうなんでしょうか。世界観などはさておき、何もこんなタイミングで公開せずとも…
これでAFOへの対応が甘くなり、なおかつその終了が早まるなどという事態になったら、流石に秋咲もテラネッツへの評価を変えざるを得ません。

何しろ上記の行動は「逃げ」に他なりませんから。
たとえAFOを早期に切り上げてBNOへ主軸を移しても筋肉一派のPLが居なくなるわけではありません。つまり、作品を入れ替えたとしても同じ問題が再発するかのうせいがあるわけです。寧ろそっちのほうが確率が高まるかもしれませんね。

あと、新規参加者についても懸念があります。
騒ぎは結構広まっているようですから、今後新たに参加しようと思った人がこの話を聞きつけて取りやめた、なんてことになったら秋咲は悲しいです。様々な人との出会いこそがWTRPGを含めたオンラインゲームの一番の醍醐味であると思っていますから。

上のように思うからこそちゃんとした対応を取って欲しいと思います。
現在の対応にしても今後の対応にしても、問題を根元からすっぱり解決してなるべく次が起こらないようにして欲しいと思っています。

AFOは秋咲にとって初めて触れたWTRPGです。
初稼動PCであるエレンにそれ相応の愛着を持っていますし、2ndの小夜もネタキャラとして大分気に入っています。
それらがこんな原因で未熟なまま終わってしまうなんてことにはあまりなって欲しくはありません。何か自分にできることがあればやっておきたい、と思う所存です。

―――全ての冒険者達の物語の先に、光あらんことを。
posted by 秋咲 楓 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5841756

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。